電気代の節約のために外出も少し疑問

投稿者: | 2017-11-24

良く、自宅の電気代を節約するために外に出て過ごすという「節約術」を使う人はいると思います。確かに学生が家で勉強するよりは図書館などで勉強した方が電気代はもちろん、夏はエアコン代、冬は暖房代などを節約することができそうですね。娯楽のために本を読むだけでもこの技は使えそうです。これを予定通りできると良いのですが、意外と誘惑があったりするものみたいですね。

まず、本当に図書館などの「娯楽や飲食店がない場所」ならまだ良いかもしれませんが、良く勉強をするため或いは仕事の作業をするためにカフェなどに足を運ぶ人もいると思います。これは少し考え物だと思います。カフェに行ったら飲み物ぐらいは頼むことになります。誘惑に負けてケーキやサンドイッチなどを頼んでしまえば節約どころか無駄な出費がかさんでしまいます。

そして、例え図書館に行くつもりだけでも、そこに行くまでの道のり或いは帰り道などに色々なお店を見かけてしまい、つい買う予定でなかったものを買ってしまうことも珍しくないと思います。
そういった誘惑を考えたら、最初から家で大人しく活動していた方が無駄な出費を抑えることができるかもしれませんね。多分こういうことは個人の意志の強さの問題かもしれません。